降圧薬の種類とそれぞれの特徴

生活習慣の見直しでは改善が難しい、重度の高血圧、また合併症発症の可能性が極めて高くあると判断された場合には、血圧を下げるための薬、降圧薬が処方される場合もあります。降圧薬は主には5つの種類があり、どのように血圧を下げるかは、それぞれ異なります。まずはカルシウム拮抗薬と呼ばれる薬です。これはカルシウムイオンが流れ込むことによって狭くなってしまっている血管を、そのカルシウムイオンの働きを阻害することで拡張して、血管を下げると言う薬効を持っています。心臓の血管を拡張させる効果もあるため、高血圧による動脈硬化、それによる狭心症の治療にも使用されることがあります。それから血管の収縮には、受容体に結びつくことでその作用をもたらす物質も深く関係しています。そのため、その物質と受容体の結合を防ぐことで、血圧の上昇を防ぐ降圧薬もあり、これはARBと呼ばれています。この薬は、腎機能障害や糖尿病腎症に対しても有効であるとされています。また、この物質が作られるのを防ぐことで血圧の上昇を防ごうとする降圧薬もあり、これはその物質の生産に関係している酵素名をとって、ACE阻害薬と呼ばれています。こちらもやはり、心不全や糖尿病腎症に有効であることが確認されています。そして利尿剤です。血管に圧力がかかっていると言うことは、それだけ血液の量が増加していることであり、そこには余分な水分が混じっていることも考えられます。その余分な水分を体外へと排出すれば、血圧の低下も期待できるために、尿量や排尿回数を増やすための利尿剤が処方されることもあると言うわけです。最後はβ遮断薬と呼ばれる薬です。高血圧になると、心臓は過剰な働きをして、いつも以上に多くの量の血液を全身に送り出そうとします。β遮断薬は、この心臓の過剰な働きを抑制することで、血圧の上昇を防ぐ役割を持っています。
■高血圧にはこの降圧薬がオススメです
ノルバスク